HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>オリンピック

北京オリンピック言いたい放題日記~男子サッカー

始まるまではイマイチ盛り上がりに欠けてた北京オリンピック。
でも始まってみたら、やっぱし見てしまう…

そんな感じで見る中で、無責任なシロート考えが湧く訳で、
評論家になったつもりで、言いたい放題書きたいと思います。

気に障る表現や間違いもあるかと思いますが、
自分のブログなのでカンベンしてください(^_^.)
異論反論同意などあれば、コメントお願いしますm(_ _)m

では、まずサッカー男子代表からスタート!


3戦全敗で1次予選リーグ敗退。当然の結果ですな。
そもそもメンバー選考に?だったこの代表。
水野と家長はケガでしょうがないとしても、間に合った選手もいた。

俺だったら、

<いらない選手>
【DF】吉田  【MF】本田圭・細貝・香川  【FW】森本・豊田

<必要な選手>
【DF】青山  【MF】柏木・梅崎・阿部勇(OA)  【FW】前田僚(OA)・森島

こんな感じで、スタメンは

   森島  前田
     柏木
梅崎        内田
   阿部  本田拓
 青山 水本 森重
     西川

のよーに、3-5-2ですな。
  
FWについては、好みもあるとは思うが、俺的にはデカモリシを入れたかった。
彼のゴールへの執念とどんな体勢からも狙いに行く姿勢は国際試合向き。
前田もシュートの意識が高いFWでスピード・テクニック申し分ない。
今年キャンプで見たけど、年々うまくなってる。

中盤は運動量・スピード・メンタルがこの世代で抜けている柏木を中心に、
身体能力が高く、幅広いエリアで仕事ができる梅崎を左に置き、
右には内田をサイドからのくずしに専念させたい。
内田は守備あんまりうまくないし。
ダブルボランチには阿部と本田拓。
遠藤も棄てがたいが、阿部はキーパー以外すべてのポジションができるのと、
正確なFK、ゴール前のヘディングの強さなど、総合力が高い。
本田拓はポジショニングとバランスが絶妙。守備の読みが素晴らしい。

DFは水本と青山は欠かせない。それにマンマークに強い森重の3バック。
サイド攻撃を受けた場合、青山・森重が対応し、阿部・本田拓が中をカバー。
頭がよく視野が広いので、5人でかなり守れるだろう。


今回の歴史的大惨敗の最大の要因は、なんといっても、人選ミスと思われる。
必要な選手を「現在のコンディション」で外し、落ちる選手とスターを選んでいる。
仮に遠藤・大久保がいても、最大のガン・本田圭がいては、どうしようもなかっただろう。
本田圭には、何もオランダ戦のファウルのことを言ってるのではない。
あれに対しては、ディフェンスが下手なのには違いないが、
ユニフォームを引っ張るのは誰でもやってることで、それがあまりにもわかりやす過ぎるということ。
そして、試合後に審判に対し、「あの判定で試合を台無しにした」と言い放ち、
あくまでも自分を正当化する神経があまりにも子どもじみて情けない。
さらに反町監督の指示に逆らい、チームの何人かと勝手に逆のプレイに走るなど、
自分勝手にもほどがある。
このブログよりも勝手である。
それでも使い続け、言い訳をしなかった反町監督の態度は感心するが、
やはり、代表チームを束ねる器ではなかったと思う。

アテネ組は周囲の酷評などの逆境に耐えながら、見事に成長し、
今の代表の中心となっているが、北京組にはそれだけのメンタルを感じない。
水本・内田・長友・本田拓・西川くらいだろうか。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://7keepers.blog87.fc2.com/tb.php/93-95554979

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。