HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>バスケットボール

爪をかむキングの挫折は次へつながるか?

スパーズがやはりスウィープでキャブスを降した。
それぞれのゲームの点差が示しているように
この2チームの差は,スウィープという結果から
直接イメージできるほどかけ離れてはいない。

しかし,スウィープだったのだ。

キャブスが1試合も勝てなかったのは,
ゲームプランの熟成度と個々のメンタリティの差だと思う。
キャブスは4Qに控えてか,3Qは得点が伸びない傾向がある。
スパースはそこをつき,2から3Qで突き放す。
4Qでレブロンやギブソンの個人技でつめても
リーグ№1のDFで流れを渡さない。
これはスパーズの面々が,このシリーズのゲームプランを熟知し,
クールに実行できるメンタリティを持ち,
それを表現できるチームケミストリーが高いからだと思う。
このシリーズ,調子は決してよくなく
攻め手を失い,パーカーの個人技に頼る場面も多かったのだから。

世界選手権の準決勝で,アメリカがギリシャに完敗したように
ここが勝負の際というところで,重要なのは
個々のメンタリティとチームケミストリーだ。

レブロンはそれを思い知ったはずなのだが,
今期のレギュラーシーズンやプレイオフをみても
どーもメンタルが弱いのは,このブログでも何回か書いたとおりだ。
だからこそ,マジックやジョーダンの立つ場所へ名実ともにたどり着くために,
今回のファイナルは挫折をしてほしかった。

この経験を次につなげられるかどうかはわからないが,
身体能力,体格,スキル,頭脳を兼ね備えた素晴らしい素材なので
メンタルの成長を期待したい。

終盤のタイムアウト中に爪をかみ続ける姿は,
キングとはいえない。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://7keepers.blog87.fc2.com/tb.php/43-157542e6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。