HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>バスケットボール

NBAプレイオフ感想文~東編その1

ピストンズとキャブスの試合は面白い。

ここ数年プレイオフの常連となっているピストンズ。
正直ベンが抜けた穴はウェバーでは埋まらないと思う。
特にプレイオフではベンのディフェンスとリバウンドの存在が
思い出されるのではなかろうか。
もちろんウェバーのオフェンスは大きな武器だ。
ベンのオフェンスはあまり期待はできない。
しかし,ウェバーの勝負どころの弱さには定評があり,
今も改善されている様には思えない。
プレイオフ終盤の勝負どころでウェバーは計算できなくなる。

ところで勝負弱いといえば,レブロンもだ。
意外に思う方も多いかもしれないが,
昨年夏の世界選手権では,レブロンは勝負どころでまったくダメだった。
ゲーム序盤はクラッチシュートも決めるのだが,
終盤はイージーシュートもはずしてしまう。
能力がズバ抜けているのはわかるのだが,
本当にプレッシャーがかかった場面で決められるだけの
ハートはまだないと思う。
そこが去年のプレイオフでのウェイドとは違うところだ。

爆発的な攻撃力をもたないピストンズとしては,
序盤のレブロンのポイントをなるべく抑えて,
負けてても点差が少なければ,
後半攻撃の決め手が多いピストンズが主導権を握るとみる。
ただし,リバウンドについてはベンがいない分,
バルジャオがゴール下は支配しそうだ。
そうなると,ゲームの流れはキャブスに変わるかもしれない。

ビラップスがゲームコントロ-ルできるか。
ゴール下の支配はバルジャオかマクダイスか。
レブロンの爆発をプリンスが抑えられるか。

見所は多い。


それにしてもテレビの解説者はレブロンよりの話が多く,
日テレの巨人戦を見てるようでイヤだ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://7keepers.blog87.fc2.com/tb.php/40-a47da545

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。