HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>生活・暮らし

3年目を迎えた我が家

棟上のときのようす

↑↑↑ これは棟上げのとき ↑↑↑

我が家が3年目を迎えた。
旭住宅という超ローカルなハウスメーカー(というより工務店)で建てた。
木造軸組み構造で従来の日本家屋の良さを追求し,
真の健康住宅をテーマに「幻の漆喰」「音響熟成木材」「清活畳」の3点セットを掲げている。

有害な化学物質を吸着分解するという「幻の漆喰」のメカニズムはよくわからないが,
確かに家具の接着剤などの嫌な匂いはしないし,
焼肉やタバコの匂いも残らない。

「音響熟成木材」は地元の杉材をクラシックを聴かせて寝かしているという。
田苑酒造の焼酎と同様,それがどういいのかメカニズムはよくわからないが,
浮作りの杉材は思ったより柔らかく,さらに足の裏のツボが刺激されて,
これまで万年腰痛で悩んでいたが,なぜか快適である。
そして,なんといっても木の香りが心地よい。

畳の中に竹炭を入れている「清活畳」も効果が目には見えにくいが,
きっとマイナスイオンが空気を浄化させているのだろう。

俺はそこまで健康志向ではないのだが,本物志向なので,
旭住宅の考え方に共感し,決めた。
フローリングや合板などの「なんちゃって木材」やクロスは使用しない。
木は無垢材だからこそ呼吸をしたり調湿したりする。
塗装を施した木材はもう木目材ではなかろうか。
ただ,妻はそこまで求めていなかったようだが,俺が決めてしまった。ごめんよ。ハニー。

昨日は営業とアフター担当が来て,2年目点検を行った。
長くなったので,詳細はまたブログに書きます。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://7keepers.blog87.fc2.com/tb.php/28-65097548

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。