HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>未分類

日本のバスケも面白いです。

JBLスーパーリーグプレイオフはトヨタのスウィープで幕を閉じた。
レギュラーシーズンを見ていない俺は,正直三菱の強さを感じることができなかった。

三菱は,司令塔である柏倉がトヨタのキャンベル・桜井・渡邉の厳しいプレッシャーにあい,
なかなか速い展開に持っていけないうえ,
エースのハニーカットは古田とのマッチアップで
いいポジションがとれず,パスを出しても攻めきれない。
これを打開したのが佐藤だったが,第2・3戦では無理なシュートを打たされていた。
第2・3戦で復帰した松島もケガのせいか攻めやリバウンドに精彩を欠く。
ディフェンスでもオフェンスでも足が止まっていた時間が多かった。

逆にトヨタはハーフコートラインからの激しいプレッシャーをかけ,
古田の鬼守備でハニーカットを封じ,キャンベルやオノバンがリバウンドをとりまくり,
折茂や桜井,渡邉が走り,速攻を決める。
特に第3戦はキャンベルの動きがキレまくり。(もう少しでトリプルダブル)
シュートセレクションのよいオバノンが,得点を積み重ね,
桜井のドライブイン,折茂のミドルが冴え,
古田までも(失礼)次々と外からシュートを決めた。

チームケミストリー,メンタルティでトヨタが上回っており,
個人能力というレベルを超えたトヨタの完成度の高さを
まざまざと示したシリーズだったように思う。


それにしても,古田はスゴイ人だ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://7keepers.blog87.fc2.com/tb.php/27-db81364b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。