FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>競馬

スプリンターズS回顧

スリープレスナイト

優勝はスリープレスナイト。上村、17年目にしてG1初勝利。

このレースはこれに尽きる。
完璧な騎乗だった。
ゴール手前での左手のガッツポーズは、彼の抑え切れない胸のうちの表れだろう。

競馬学校での成績は群を抜き、デビュー時に新人では最多勝利を挙げる。
有望な若手として名を馳せた矢先、原因不明の目の病気で右目の視界がほぼ消える。
4回の手術で回復したものの、騎乗依頼は減り、騎手をやめることも考えた。
そこへ声をかけたのが橋口調教師。
結果がすぐに出なくても、辛抱強く上村に騎乗機会を与えた。


出迎える橋口師との熱い抱擁はこれまでの苦労とふたりの信頼の強さを物語っていた。
また、この日誕生日だった橋口師への最高のプレゼントとなった。
橋口師「こんなうまくいくことは、生涯一回でしょ。僕もうれしいけど、家族は相当にうれしいだろうね」

そして、競馬学校同期の後藤騎手とも抱擁し、喜びを分かち合う。
後藤騎手「学校の時に目標にしていたんです。その彼が苦しんでいる姿を見ていてつらかったから、喜びは大きいですね。どんな勝ち方でもいいから勝ってもらいたかった」


「審議」がうらめしかった。ウイニングランをさせたかった。
しかし、これが最後ではなく、始まりだ。

年末は香港。
来年はドバイ。

「世界最速馬」の称号を得たその背中に、上村の笑顔がある。
そんな夢を見ずにはいられない。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://7keepers.blog87.fc2.com/tb.php/106-68b60889

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。