FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>サッカー

AFCチャンピオンズリーグノックアウトステージ 準々決勝終了!

順当に強いチームが勝ち、弱いチームが負けた。

浦和はアウェーで負けはしたものの、終了間際に1点差に迫り、次へ繋がる負け方だったし、
ホームでは気持ちの入ったいいゲームを展開した。
再三、DFの裏をつかれるが、都築がファインセーブを連発。
坪井・闘莉王・阿部の3バックも豊富な運動量と惜しみないハードワークでよく守った。
また、平川や相馬もサイドにとらわれ過ぎず、ゲームの流れを読み、いいインターセプトも目立った。

相馬の先制ボレーは力の抜けたいい具合のカットシュートで、高く上がった難しいボールをノートラップで打ったことに、価値がある。

闘莉王の2点目は、躊躇のない思い切りのいいシュートで、GKも反応が遅れていた。彼の勝利に対する飢えが生んだシュートと言えよう。

最後の選手交替により何がしたかったのかよくみえないが、最後はもう1点取りにいくよりも、高い位置でボールキープすべきだったと思う。
永井にしろ、エジミウソンにしろ、サイドに開いてボールを持つと、中が薄いにも関わらずクロスをあげ、相手ボールにしてしまう。

点が入らなかったのは幸運であった。


ガンバの試合は見ていないが、ヘンに気を抜かず、いい試合をしたようだ。
二川を温存し、病気明けの播戸もよかったようで、いい状態で準決勝に臨めそうだ。


鹿島の試合も見ていないが、やはり負けた。
あまりにも試合内容が悪く、しかもチームの中盤の柱の小笠原を欠いては、ゲームにならないだろう。
前にも書いたが、鹿島の4-4-2のシステムは強固な中盤があって始めて機能する。
特にボランチである。
小笠原があまりも支配力が高いため、目立たないが、青木は動き・判断・ポジショニング・フィジカルなど機能しない。
青木のいいところは、大きなサイドチェンジと正確な前線へのフィードぐらいで、支配力は低い。

さらに攻撃参加はいいが、守備はもろい内田のところがポッカリ空き、
いいようにアデレードにもやられたようだ。
青木に鈴木啓太のようなカバーリング能力はない。

高く、フィジカル・ポジショニング・読みに優れたアデレードDF陣に対し、あくまでも内田の右サイドからクロスをあげさせる戦術。
Jリーグでは通用しても、このレベルの相手には通用しない。


とにもかくにも、準決勝にJリーグから2チーム残ったのは素晴らしい。
残念ながら準決勝で浦和とガンバが当たってしまうが、これはこれで楽しみとしよう。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://7keepers.blog87.fc2.com/tb.php/103-2df51191

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。